伯爵の特許の石英のチップは1976年に誕生して

時計界の巻き起こす石英の革命、きっとすべてよく知らなくありませんて、伯爵も参与その中があります。伯爵の特許の石英のチップは1976年に誕生して、7Pチップは更に全く自主的に研究開発して生産します。今回の伯爵は通して自主的に作る超薄のチップを研究して、再IWCスーパーコピー度世界に巧みで完璧な表を作成する技術および、古きを捨て新しきを立てる能力を展示します。破天荒で結び付けて機械のチップと石英のプロペラを互いに結合して、Emperador Coussin XL700P概念の腕時計を出しますEmperador Coussin XL700Pは奮い立たれてしきりに32に達して、768ヘルツの石英装置は駆動して、それはプロペラのが奮い立ちをしきりに5.33回/秒で制御します。このその時の世界の最も細かくて薄いチップ、厚さは3.1ミリメートルしかなくて、直径で殻の中でウブロコピー表す46.5ミリメートルの枕の形がしかないをの搭載して、BlackTieシリーズの貴族の気概と腕時計の力強い線を明らかに示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です