ELLEキアラ・フェラーニが先生

スタイル次第でウォッチを着替えれば、モードコンシャスと注目を浴び、メンズ時計を華奢な腕に巻けばカッコイイと賞賛され、通ブランドの機械式をまとえば、知性をアピールできる時代。そう、腕時計はもはやメンズの必需品ではなく、女たちのもの。イメージ戦略スタイルUP自在のマストアイテム!

腕時計を思いのままに操るウォッチクイーンといえば、キアラ・フェラーニがトップを独走中。ミッドサイズ大ぶりのシェアウォッチのトレンドを誰よりも早くマスターし、「ロレックススーパーコピー」の“デイデイト”から、スポーティな青ダイアルのダイバーズ“サブマリーナー”、メンズサイズの「カルティエ」“サントス 100”、ドゥブルトゥールの“アップル ウォッチ エルメス”まで、キアラらしくスタイルカメレオンな時計ワードローブがずらり。「カルティエ」の最新“パンテール”もいち早くゲットし、スポーツシックな着けこなしテクを実践。ブレスレットやリングのじゃらづけが鉄板の、ジュエリーとのパワーコーデにも熱視線!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です