アンティークとビンテージの違いは何ですか

どちらも古いモノ、年代物を差す的な感じですが.時計の場合だと.

まず、アンティークと言った場合だと(家具等の場合)、年以上昔のモノであること、また、英国だったかな?!、法的にもアンティークと名のって良いとか悪いとか、ある程度の厳しい目安があるとかで、この目安を時計に当てはめると、懐中時計は歴史が古くて、年以上昔のモノもあるので、アンティークと名のるのもあまり語弊がありませんけど.

歴史が浅い、腕時計だと、そもそも、どんなに古くても、年以上昔の腕時計とか、無い事はないですが、ある程度以上古いと、腕時計という認知にならない(宝飾ブレスレットに、おまけで時計機能も付いている、つまり風変わりなブレスレット的な.)、そんな訳で、腕時計は、相対的に歴史が浅い。その腕時計に対して、古いモデルにアンティークと言うのはどうなのかと.

機械式腕時計の最盛期・黄金期が年台ですから、この時代の腕時計は、アンティークと言うほど古くないし.誤解を招かないか?!的なことも言われ出して、ならば、ワインとかでも年代物で使われるヴィンテージという言葉で表現してはどうかと.なんて、色々と議論されて、古い腕時計だと、結局、どちらも使われることに厳密に明示的な話をするとか、説明したいときには適時使い分けでビンテージとアンティークはまったく別物ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です