ショパールの真骨頂は男性用にあり

機械式時計を見る時は、ムーブメントの文字盤側に注目している。普段は見えない文字盤側。しかし個人的には、時計メーカーの設計思想を現すポイントだと思っている。ムーブメントは文字盤側を見ろ、である僕の見た限りでは、ムーブメントの文字盤側に隙のない時計はいくつかある。ひとつは、以前取りあげたモリッツ・グロスマン。もうひとつが、ショパールの、とりわけマイクロローターを載せた「」シリーズだ。何が違うのかというと、無駄な穴が少ないこと、部品の立て付けがしっかりしていることだ。正直、穴が多くても機能に問題はない。そして今の時計ならば、部品の立て付けはどれもしっかりしている。しかし高級といわれる時計は、見えないところにお金をかけるのを良しとする。着物の裏地に凝るようなものだ。だから専門家が見ても過剰なほど、文字盤側をきちんと作り込むショパールと聞けば、ダイヤモンドをちりばめた「ハッピーダイヤモンド」や「ハッピースポーツ」を思う方がいるかもしれない。得意とするのは女性用のジュエリーウォッチであり、一点数千万以上もするハイジュエリーだ。しかしショパールのは、生半な老舗の時計よりも、はるかに時計らしい作りを持っている。第一作の発表は年。これは今のシリーズが載せる、という自社製ムーブメントを搭載していた普通、ムーブメントを新造するときは、どの会社も作りやすい手巻きから作る。自動巻きやクロノグラフといった、複雑なものは論外だ。しかしショパールは、一作目で、小さなローターを備えた薄い自動巻きを作り上げてしまった。町工場がロケットを飛ばすようなものだが、仕上げは見事だったし、それ以上に設計は卓越していた。古典的な高級機の設計(とりわけ懐中時計の設計)を、巧みに盛り込んでいたのである一例が自動巻き機構だ。ゼンマイを巻き上げるローターが小さいと、ゼンマイが巻き上がりにくい。対してショパールスーパーコピーは、凝ったツメ式の巻き上げ機構を採用した。これはスペースを取るため、薄型ムーブメントには向かないとされる。しかしショパールは、バネを多用することで、自動巻きを小さくすることに成功した。ただしあまりにも凝りすぎたため、生産性は良くない。今の設計者ならば、決して採らないものだこういう凝り性は、文字盤でいっそう明らかだ。時分針を回す歯車は、巨大な板で抑えられている。抑えることで、理論上ガタツキはなくなるが、歯車と板の抵抗が増える。それに対処すべく、ショパールはそこにルビーベアリングを埋め込んだのである。理論上、針の動きはスムーズになる。しかし僕はこの系以外に、これほど凝った設計を見たことがない。過剰に過ぎる、とさえ思うが、ショパールは第一作から、最良を目指したのだろう。果たしてこれは、現時点における、自動巻きの最高峰となった。まったくの私見だが、超高級な自動巻きに限っていうと、系に比肩するのはパテック フィリップ時計コピーのと、オーデマ ピゲの系ぐらいではないかもちろんこの優れたムーブメントにも弱点はある。時分針を動かす番車が中心にないため、注意深く時間合わせをしないと、針飛びが起きることがある。また薄いムーブメントのため、扱いにも気を使わねばならない(今は、頑丈に作ったカリテフルリエというモデルもある)。普通のまでは、ムーブメントの角の仕上げも、手作業ではなく、機械によるものだ。しかし、である。ショパールは、これほど手間のかかった機械を、いまだに量産し続けている。しかも価格は、質を考えれば決して高くはない。誰も気づかない文字盤側を、きちんと作り込むショパール。このメーカーには、良い意味での矜持(きょうじ)がある。

ELLEキアラ・フェラーニが先生

スタイル次第でウォッチを着替えれば、モードコンシャスと注目を浴び、メンズ時計を華奢な腕に巻けばカッコイイと賞賛され、通ブランドの機械式をまとえば、知性をアピールできる時代。そう、腕時計はもはやメンズの必需品ではなく、女たちのもの。イメージ戦略スタイルUP自在のマストアイテム!

腕時計を思いのままに操るウォッチクイーンといえば、キアラ・フェラーニがトップを独走中。ミッドサイズ大ぶりのシェアウォッチのトレンドを誰よりも早くマスターし、「ロレックススーパーコピー」の“デイデイト”から、スポーティな青ダイアルのダイバーズ“サブマリーナー”、メンズサイズの「カルティエ」“サントス 100”、ドゥブルトゥールの“アップル ウォッチ エルメス”まで、キアラらしくスタイルカメレオンな時計ワードローブがずらり。「カルティエ」の最新“パンテール”もいち早くゲットし、スポーツシックな着けこなしテクを実践。ブレスレットやリングのじゃらづけが鉄板の、ジュエリーとのパワーコーデにも熱視線!

主人公ジェイコブとエヴィー役の俳優さんが作品の魅力を語るSDCC

最初にコット氏が改めて……という感じで『アサシン クリード シンジケート』の概要を紹介。そちらによると、本作の舞台となるのは、1868年の産業革命が終わるころのロンドン。産業革命によって生まれた画期的な発明により、労働者は働き過ぎて若死するようになり、貧富の差がさらに拡大するようになった時代だという。主人公である双子のエヴィーとジャコブはストリートギャングに属しており、両親はすでに他界。グループに所属しながらも、ロンドンとテンプラーを制圧したいと思っている。『アサシン クリード シンジケート』の新機軸は、これまでの戦いかたとは異なり、環境をうまく使った“ストリートファイティング”である点。たとえば、ガントレットを駆使して、周囲に混乱状況を引き起こし敵を撹乱する……といった戦いかたが可能になっている。周囲の環境を利用するということで、環境の構築にも相当配慮しているようだ。まあ、百聞は一見にしかずということで、ジャコブとエヴィーの戦いかたを映像でご紹介しようちなみに、男女ふたりをプレイアブルキャラクターにしたのは、「異なるパーソナリティーを使ってゴールを目指すことで、プレイヤーに緊張感を与えたかった」(コット氏)とのこと。実際のゲームプレイでは、ふたりは協力してゲームを進めることになり、ミッションによってスキルを使いわけるとのこと。使いわけはプレイヤーが自由に選べるのだとか主人公のふたりを演じるジェイコブ・フライ役のポール・エイモスさんとエヴィー・フライ役のヴィクトリア・アトキンさんの配役に関しても、「キャプチャーの精度が上がり、その役にぴったりの俳優を選ぶ必要がありました。また、ふたりのあいだに生じる雰囲気もそのままゲーム体験に繋がるので、とても大切だと思いました」と手応えを感じているよう。ジェイコブ役のエイモスさんはよく笑顔を見せる方のようで、それをジェイコブにうまく取り入れたりと、俳優さんがゲームの役柄に影響を与える部分も多かったようだ会場には、同映像を手掛けたF・ゲイリー・グレイ監督とポップ・マン氏がゲスト出演。F・ゲイリー・グレイ監督は「アンダードッグのストーリーは好きだし、『アサシン クリード』も好きです。テーマをうまくゲームに繋げられるように努力しました。ロンドンで体制派と戦うギャングという設定もおもしろいと思いました。映像化にあたっては、マーティン・スコセッシの映画やギャングスタ映画を参考にしました」とのこと。ポップ・マン氏も「この仕事ができて夢がかなったような気がします。ダークでスタイリッシュなテイストにしたいというビジョンがありました。ゲイリーがディレクターだと聞いて、ますますやる気になりましたね」と語った最後には、ツイッターからの質問にパネリスト陣が答えるというQAコーナーが設けられた。その一部をピックアップすると以下の通り――ロープを使うと、パルクールが死んでしまうのではないか?

コット3000人に試遊してもらいましたが、ロープランチャーは経験が追加されるので、パルクール効果が死んでしまうことはありません――ジェイコブとエヴィーの両親について教えてくださいコット母親は出産によって死亡しました。父親はテンプラーと戦っていた人で、自然死しています。本作の目的は親の敵討ちではなくて、ロンドンの人々を解放することです。ジェイコブは独自のやりかたを望みますが。エヴィーは父のやりかたが正しいと思っているんです――歴史上のイベントはどうなりますか?

コットこれまでのシリーズとは異なります。1868年という変化に富んだ時代です。ダーウィンやディケンズに会うこともできますし、友好関係も築けますよユービーアイソフトの看板IPのひとつである『アサシン クリード』は、コミコンとの相性もいいようで、例年実施されるパネルはいずれも大人気。とくに今回の『アサシン クリード シンジケート』は、コミコン来場者からの感触もいいようで、日本での盛り上がりにも期待したいところ※主人公の日本語版の表記は正しくは「エヴィー」でした。お詫びして訂正します。

IWCドッペルクロノのオーバーホール

みなさまこんにちは!松野時計店の野の方です。数日前に突然愛用のクロームブックがうんともすんともいわなくなりまして、今日は新しいバイオから記事を書いてます。中古で買ったのであれなんですけど、非常に使いにくくて書きにくい。遅くて重い。またごみ買っちゃったか。ケチらないで新品買っとけば良かったか、経費だし。でもお金ないし。地方の超極小企業はなかなか大変です。そういえば数年後はAIに仕事が奪われまっせ一覧表に時計修理工って入っているんですよ。ほんとかよって思うけど、AIの進歩は半端ではないからたぶんいつかは無職になるんだろうな、悲しいなぁ。まあでもその頃には人間は働かなくても良くなってるか。なってるか?みなさまその辺どうでっか?

最近また修理を多くお預けいただいておりまして、忙しい毎日を送っております。ありがとうございます。そんなそれ相応に忙しい私がお送りするのはIWCスーパーコピーのオーバーホールですいろいろなクロノグラフの修理を紹介してきましたが、今回はドッペルクロノです。ドッペルって言い方はIWCしか知らないですけど、いわゆるスプリットセコンドとか、ラトラパンテといわれる機能です。ドッペルゲンガーって聞いたことありません?自分と全く一緒なもう一人の自分がいて、見ちゃうと死んじゃう的な。すっごいうろ覚え。都市伝説なんですかね都市の伝説は置いといて、ドッペルクロノってのは同じように運針していくクロノ針が2本あり、ストップするとまず1本止まり、もう1本はそのまま進んで行きます。で、再スタートすると止まっていた針が動いている針に一瞬で同期して、また一緒に運針していくというね、これ何言ってるか分かります?私は分かりません機能はまあ想像にお任せするとして(おい)、ベースキャリバーはETAの7750です。7750自体がもともとクロノグラフなので、そのクロノ機構にスプリットを追加しています。7750は本当に色々なモデルに使われていて、以前.紹介したパネライのパワリザもこの7750ベースです。便利な機械ですね地板はゴールドですが、これはIWCのムーブメントで一時あった特徴です。ちょうど今別のIWCをオーバーホールしてますが、このモデルより新しいのでロジュウムになっています。だいたいですけどゴールドは90年代っていうイメージです。このモデルはおそらく生産終了になってると思いますが、当時ドッペルクロノは定価が高かった記憶があります。正直使うかどうか分からないスプリットクロノ機構が高いんでしょう。でもそこが時計のロマンってやつですよ。使うかどうかじゃないんだ、どうだ凄いだろうってことが重要なのであります。そうか?

なんのこっちゃ分からない状態だと思いますが、通常のクロノ機構の上にスプリット機構を乗せていきます。すでに1本目のクロノグラフランナーは入っています。真ん中に見えるハートカムがそれで、さらにその上にもう1本クロノグラフの歯車を追加します。もうね、ノーマルの7750でも厚いのにさらに厚くなり、腕につけるのはそろそろ限界じゃないかと思うほど。2本のクロノグラフランナーは小さくて細いバネでつながっています。一瞬で針が同期するのはそのバネのおかげです。凄く複雑そうな機能ですが、構造としては結構原始的な発想ではあります完成です、って本当は完成した写真を載せたかったのですが、また撮り忘れてしまいました。よーく見るとちょっと汚れてるのが分かる通り、この写真は分解前です。すみません。まだケーシングしてないから撮ればいいんだけどめんどくさいです。すみません。SDカードをPCから抜くのもめんどい。こんな奴がよく細かい時計の修理できるなぁと思ったあなた、私も同意であります。仕事はちゃんとしますよ、このブログは半分趣味と惰性なのであります。今後もよろしくお願いしますこちらのIWCドッペルクロノはオーバーホールにゼンマイ・パッキン交換、ケース研磨、防水検査をいたしまして35000円税で完成予定です。ありがとうございました修理を多くお預かりしておりまして、ここ最近特殊なモデルもあります。そこで要注意なのはパーツが流通していないとメーカー修理になることがあります。例えばこのIWCもベースの時刻機能までは部品がありますが、スプリットクロノグラフ部分はメーカーしか部品を持っていません。サビたりして部品交換が必要になると要メーカー出しとなります。状態を拝見できればだいたい分かりますので、お問合せはお気軽に。メールでも真摯に対応いたします明日も仕事を頑張ろう。夏になると食欲が減退する中年なので、ぼちぼちに。いつの間にか夏より冬が好きになりました。大人になったなぁ。大滝詠一がいいなあと思うようになった時におとなになったなと思いましたよ、ちょっと前。髪を解いた〜君の仕草〜が〜♪ではまたシーユーネクストタイム、アディオース!