キーワードで学ぶ現代マンガの基礎知識

――平成17年度(第回)文化庁メディア芸術祭でマンガ部門優秀賞を受賞、おめでとうございます森:ありがとうございます!ずいぶん前に「メディア芸術祭に出品するよ」と聞いたきりずっと音沙汰がなくて、てっきり落選したのだろうと思ってました。すっかり済んだ気になっていたので、受賞を聞いた時はとても驚きました漫画の内容を考えると、自分でも不思議ですが、審査員の方たちが『エマ』を推薦してくださったのは素直に嬉しいです。賞を通して『エマ』という作品を知った方にも面白く読んでいただけるといいなと思っています――初連載作での受賞ということで、次回作にプレッシャーになったりしますか?

森:そもそも『エマ』は、お試しの実験連載だったんです。外伝もその延長だから、新連載を始めるならば、それはもう頑張らないとお試しの連載がうまくいったのはたまたまのアドバンスでしかなくて、次の連載もビームでやらせてもらえるかなあ、ぐらいのもの。『エマ』のアドバンスがあるうちにやれるだけやるしかないです。最初マイナスのすごいところから始めたから、頑張ってやっとプラマイゼロのところに来たぐらいですね森薫『エマ』受賞コメントと贈賞理由。ちなみに、この年のマンガ部門大賞受賞作品は吾妻ひでお『失踪日記』であった。公式ページ:文化庁メディア芸術プラザ

『エマ』巻第32話「決心」よりウィリアムとの再会の後、動揺する心を抑え、自分を取り戻すまでの内面の動きをメイド服に着替えるページのシーケンスで読ませる――画力が向上して、自分の描きたいものが描けるようになると画面の密度がどんどん上がっていくわけじゃないですか、それってけっこう茨の道かな、と思うんですが森:楽しいから大丈夫じゃないですか。曼荼羅みたいに、描くことで修行しているわけじゃないし森:苦手なのは台詞です。会話で話を繋ぐってのが本当にできません。第15話「風」で、16ページをほぼシーンの台詞だけで構成してみたんですが、これが限界。これが24ページだったら描けなかったんじゃないかなあ森:えーと、面白い漫画。あと、なんだろ、明るい漫画がいいなあと。明るくて、面白くて、変に教訓的でもなくて、人をあんまり攻撃するような漫画じゃなくて、純粋な質の高い娯楽っていうのかな、そういうのが理想ですヴィクトリア朝という時代背景も実は娯楽の道具立てです。見たことのないものを見るのはやはり面白いですし、歴史の勉強をしましょうというものじゃなくても、興味のある人はそこから自分で調べるかもしれないし、ぜんぜん興味がなくても読んで面白いので森:できる限り。できないとこまではできない。やはり研究者ではないので、描きあがるまで出版社は待ってくれません。時間切れになるまでは最大限やりますけど。時代考証も面白い漫画のためのもので、時代考証のための漫画ではありません――ちょっと気が早いですが、『エマ』外伝を終わらせたあと、次回作の具体的な構想などはありますか?

森:描きたいのはいくつかあるんですけど、ちゃんと考えないと連載にはならないのでいろいろと調べ物をしていたりします『エマ』はプロットが非常にシンプルだったので、次はお話そのものが面白い漫画を描きたいですね。お話そのもので読ませられるように。えーと、ちょっと考えているのが、稀覯本とハイヒール漫画とか森:稀覯本というか、本のお話です。本の歴史とハイヒール。それで当然のようにメイドが出てきたりとか。やりたい放題ですドイツの全寮制女子高を舞台にした学園漫画もやってみたいです。明るくて楽しくて、できるだけ説教臭のしないものを。なんで娯楽作品に説教されなきゃいけないんだ!と思ってしまうので。あとは、メイドのアホ漫画か。『愛のドボン』というのが仮タイトルです森:旦那様の調教漫画。メイドと執事が、そこらへんからさらってきた男を理想の旦那様にムリヤリ仕立てあげるというお話なんです(笑)

『英國戀物語エマ 1 初回限定版』

出演: 冬馬由美, 中西妙子 監督: 小林常夫

原作と同様、当時の風俗から小物まで、徹底したこだわりをもって作られたアニメ版『エマ』(全12話全巻)原作未完の段階でのアニメ化のため、ラスト近くの展開はアニメオリジナルのものであるカルティエは最初スーパーコピー時計のメーカーの中の一つを発明するので、一番早い取っ手のアクセサリーを説明するメーカーの中の一つで、1910年に、カルティエはすでに初めの製作のアクセサリーは表して、四角形とその他の幾何図形の偏愛に対してから、簡単な線、各種の金属と宝石時計コピーの適度な飾りを運用して、方与円の巧みな結合を通じて(通って)、カルティエは多彩な時計のモデルを変化しだして、その簡単にすばらしい表面を組み合わせて、自然と豪華な気概をあらわします。ロレックスコピー芸術の息、すばらしくて永久不変の詳細、今まで名門の淑女、芸術家と各種を深く受けられて身分の人の偏愛があります。公衆にとって、Must de Cartierは名声が高い製品で、階級、品位と財産を代表しました。あなたが意識するまでの時間を大切にすることを可能にする、時間を十分に把握は生活や将来に自分の土地を把握することです。最後に唯一のあなた自身のための責任を負うことができるので、この方法は、我々はすべての時間と教育の重要性を知って、私たちは、時間を大切にする必要があります。時間の諺の人生は無駄に年あれば、短い人生は長すぎるだろう、短いですそのため、PPは単に収入はありませんが、多くの場合、磨耗して、 実際にそれらを身に着けている人は、特定のIDを持っているし、また実施すべきである、会話は間違いなく利用可能性が、今日の人々を繁栄「GUI Zuqi」を使用して、擦られる。PPが「免疫」と一緒に大規模な婚約指輪、リストバンド、さらに魅力や、他のピアスを使用して ご迷惑だけでなく、PP同時に利用したがって、互換性のないすべての回であることが起こるが回避されなければならない、PPべきであり、絶望的な事項について、これらのタイプの中でそのドレスの後。 100、000元と比較して、エントリレベルの3919は、すべての000、110以上に持っているので、PPの販売価格は、より多くなります。始めると、心に留めておくべき、100ダFeili、英語舌の略語は、PPかもしれません。 100 Dafei Liは、好ましいメーカーとしてグローバル見なされるかもしれないが、オレンジ色が貴族を維持、通常見ること」と呼ぶ。インチのPPはあなたのパートナーの小さなカバーインレイを中心におそらく男性の台所のテーブル、複雑な動きでだけでなく、反射神経に関連付けられているスタイルは絶対に魅力的ではない まだダイヤモンドの指輪や、おそらく重要な宝石、そしてあらゆる種類の中で、それが本質的に、この貴族的な態度の制御さ​​れた素晴らしさを持って、自己運動、合理的に限られた意思をお勧めします。