ロレックスの時計発売リンドバーグ時間角腕時計第90週年

1999年にロレックス・スポーツモデルの 新しいコレクションとして加わったヨットマスター。 「ロレジウム(ロレックスの造語)」とは ステンレスとプラチナの組み合わせの意。 サブマリーナの上級モデルということもあり、 共通の雰囲気が与えられつつも 迫力のあるベゼル(両方向回転式)や、 ケースラグ、ブレスレットのセンター駒が ポリッシュされるなど独自の意匠が採用。 心臓部はサブマリーナデイト(16610)と共通の Cal.3135クロノメータームーブメント。 メンズ、ボーイズ、レディースと 3タイプのサイズがある。

今年、ロレックスの時計を迎えた史上初のシングルは大西洋横断飛行第90週年記念日、これはCharles横断飛行に行きスイス時計とカウントダウン。際に、同ブランド腕時計を展示きゅうじゅう番号及び時角時計限定版には、これは彼との歴史的な飛行の有名なパイロット協力設計。この特殊なチタンと鋼の時計は、歴史、冒険、製表ニューヨーク、1927年5月20日、52は:セントルイスの精神はルーズベルト空港。目的地:パリ付近のボーア空港。制御:若いアメリカパイロットと命名CharlesA.横断飛行。三十三個と一時間半後、着陸しLeリンドバーグBourget初シングルは大西洋横断飛行から。これは歴史の壮挙だ。スポーツとして世界の航空連合会の公式タイマー、ロレックスの時計が提供したこの能力、定期リンドバーグ飛行や航空記録足を付けるリストのルールその後まもなく、飛行士とブランドの間で緊密な連携の腕時計は、スイスの時計屋は、歴史の真実のアイコン。ロレックスと協力したチャールズ?リンドバーグ自身によって設計された、この時計は長距離飛行中の経度の正確な測定を可能にします。結果として、パイロットとナビゲーターは速く彼らの地理的な位置を見つけることができ、高精度で効率的にします今日、ロレックスのチャールズ?リンドバーグ驚くべき妙技とのその時間の90回目の記念日を祝います、解除時角、リンドバーグは創立90周年記念の時計では、90の腕時計に限られた数えられたシリーズにおいては、伝説的な時計の新しい版。オリジナルの時計として印象的に、このモデルでは47 . 5 mm、リードを操ることは、暗闇の中での振動と時代の航空機への一般的であったがより簡単になる。それを着用する場合には、手首のロレックススーパーコピー上で今日現代の冒険家のファンの注目を引くでしょう。時間の式の修正と第2に同期を可能にする回転中心のダイヤルを可能にする回転ベゼルを搭載した、この時計の時間を示す程度とほかのアーク分の時角を示し、分と秒。

ELLEキアラ・フェラーニが先生

スタイル次第でウォッチを着替えれば、モードコンシャスと注目を浴び、メンズ時計を華奢な腕に巻けばカッコイイと賞賛され、通ブランドの機械式をまとえば、知性をアピールできる時代。そう、腕時計はもはやメンズの必需品ではなく、女たちのもの。イメージ戦略スタイルUP自在のマストアイテム!

腕時計を思いのままに操るウォッチクイーンといえば、キアラ・フェラーニがトップを独走中。ミッドサイズ大ぶりのシェアウォッチのトレンドを誰よりも早くマスターし、「ロレックススーパーコピー」の“デイデイト”から、スポーティな青ダイアルのダイバーズ“サブマリーナー”、メンズサイズの「カルティエ」“サントス 100”、ドゥブルトゥールの“アップル ウォッチ エルメス”まで、キアラらしくスタイルカメレオンな時計ワードローブがずらり。「カルティエ」の最新“パンテール”もいち早くゲットし、スポーツシックな着けこなしテクを実践。ブレスレットやリングのじゃらづけが鉄板の、ジュエリーとのパワーコーデにも熱視線!